熱海市が「終活ノート」記入説明会 市民や別荘所有者で初日から満員

熱海市は10月28日、市役所いきいきプラザで終活ノート「熱海だいだいノート」の書き方説明会をスタートさせた。初日は沼津市の終活カウンセラー木幡美麗さんが「終活を始めよう」と題して講演。会場は市民や別荘所有者など80人が訪れて満員となり、終活への関心の高さが浮き彫りとなった。

終活ノート(エンディングノート)とは、病気や死去など万が一のことが起きた時に、家族や大切な友人に伝えたいことを書くノート。自身の情報や緊急時の連絡先、医療、介護、葬儀などに関する希望を書き記す。相続と遺言書、成年後見制度についての解説もある。記入欄の多い市販の終活ノートとは違い、ひとりでも書ける熱海らしい工夫をこえらしている。
3500部印刷し、市役所長寿支援室と南熱海、泉の両支所で65歳以上の希望者に配布している

この講演会と説明会は11月27日に南熱海マリンホール、30日に泉公民館、12月5日に伊豆山仲道公民館でも開かれる。時間はいずれも午後1時30分〜3時。問い合わせは長寿支援室☎️0557ー86ー6316へ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔸熱海市メモ 人口3万7225人の内、65歳以上が1万7244人(高齢化率46・3%)。ひとり暮らしの高齢者5889人。高齢者夫婦のみの人口5736人。(いずれも2018年4月1日現在)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
  2. 2020-2-25

    【お悔やみ】十文字ひとみさん(熱海市梅園町)2月21日死去

    十文字ひとみさん(じゅうもんじ・ひとみ)2月21日死去、49歳。熱海市梅園町。通夜25日午後6時。…
  3. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  4. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
ページ上部へ戻る