【社寺】来宮神社の参集殿が完成 竣工奉告祭

来宮神社(雨宮盛克宮司)は24日、55年ぶりに建て替えた参集殿の竣工(しゅんこう)奉告祭を開き、氏子や神社庁関係者ら100人が出席した。
本殿での神事と記念撮影の後、参集殿大広間で直会(なおらい)を開いた。
雨宮宮司は「建て替えは先代の願いでもあり、みなさまとのご縁のおかげで竣工の日を迎えることができた。このご縁を一生忘れることなく心清らかにお参りできる神社をつくっていきたい」と話した。

◇新参集殿 鉄筋コンクリート造り地上1階地下1階。1階に「お守り授与所」と祈とう待合室、社務所。地階に最大150人を収容できる大広間とオープンカフェ「報鼓(ほうこ)」。屋上はご神木「大楠」への参道を兼ねた広場にし、露店や青空市が開ける。

神主

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る