【経済】伊豆大島で「椿まつり」開幕 大島のもう一つの玄関口「熱海」も観光復興を支援

伊豆大島(東京都大島町)で「第59回椿まつり」が26日、名称を「観光復興スタート・大島椿まつり」として開幕した。

毎年5万人以上が来場する島一番のビッグイベントだが、昨年10月16日の台風26号の土砂被害の影響で開催が危ぶまれていた。
「ミス大島」早川夏美さんの「開会宣言」で始まったこの日の開会式は、白井岩仁大島観光協会長、川島理史大島町長のあいさつに続き、伊豆大島のもう一つの玄関口である熱海市の斉藤栄市長と東伊豆町の太田長八町長らが紹介され、来賓のスピーチををした。

その後、ステージでは「ミス大島」、「ミス椿の女王」、「ミス雪椿」(大島町の姉妹都市新潟県加茂市)、「ミス熱海梅の女王」(平澤詩麻さん)がステージに並び、観光復興を全員でアピールし、開会セレモニーに花を添えた。

今年は2月8日に「椿の女王コンテスト」、同16日にオペラ「椿姫」コンサートとカメリアマラソン大会などが行われる。

◇キャッシュバック 東京都は復興支援事業として、椿まつり(1月26日~3月23日)期間中の大島発着便の利用者に 片道1500円をキャッシュバック。熱海から大島へは東海汽船のジェット船で45分。

【写真】熱海市観光協会

ミスミス6人

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る