【経済】伊豆大島で「椿まつり」開幕 大島のもう一つの玄関口「熱海」も観光復興を支援

伊豆大島(東京都大島町)で「第59回椿まつり」が26日、名称を「観光復興スタート・大島椿まつり」として開幕した。

毎年5万人以上が来場する島一番のビッグイベントだが、昨年10月16日の台風26号の土砂被害の影響で開催が危ぶまれていた。
「ミス大島」早川夏美さんの「開会宣言」で始まったこの日の開会式は、白井岩仁大島観光協会長、川島理史大島町長のあいさつに続き、伊豆大島のもう一つの玄関口である熱海市の斉藤栄市長と東伊豆町の太田長八町長らが紹介され、来賓のスピーチををした。

その後、ステージでは「ミス大島」、「ミス椿の女王」、「ミス雪椿」(大島町の姉妹都市新潟県加茂市)、「ミス熱海梅の女王」(平澤詩麻さん)がステージに並び、観光復興を全員でアピールし、開会セレモニーに花を添えた。

今年は2月8日に「椿の女王コンテスト」、同16日にオペラ「椿姫」コンサートとカメリアマラソン大会などが行われる。

◇キャッシュバック 東京都は復興支援事業として、椿まつり(1月26日~3月23日)期間中の大島発着便の利用者に 片道1500円をキャッシュバック。熱海から大島へは東海汽船のジェット船で45分。

【写真】熱海市観光協会

ミスミス6人

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る