【編集室】「だいだい足湯」でほっこり、熱海に新名所

梅まつり開催中の熱海梅園の足湯が11日、「だいだい足湯」にバージョンアップした。JAあいら伊豆農業協同組合から提供された市の特産品「だいだい」を観光客に知ってもらおうと、熱海市が企画した。だいだいの果皮には、保湿や皮膚を保護する成分が含まれており、ひびやあかぎれの症状を緩和する効果があるという。血行が良くなり、身体も温まる。
3月6日までの期間中、日祝日の実施する。初日のこの日は、足湯スタッフが適当に散らしてだいだいを入れたものの、すぐに排水溝のところへ集まってしまい、思案投げ首。ネットにだいだいを入れてひもで縛り、固定することで一件落着した。
足湯にかり、湯煙り越しに観るしだれ梅(呉服枝垂れ)は実に艶っぽい。ほっこり。

トップ1 IMG_3441ss IMG_3442ss 案内 だいだい IMG_5854ss IMG_5855ssp IMG_5855sspp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  2. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
  3. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  4. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
ページ上部へ戻る