【観光】「ミス熱海・梅の女王に熊谷さん! 平沢さんから「たすき」引き継ぐ

観光大使として熱海をPRする「第29代ミス熱海」の5人が23日、決まった。応募した73人の中から「梅の女王」に選ばれたのは、熱海市泉の大学2年生熊谷明日可(あすか)さん(20)。この日は最終審査に臨んだ15人がステージにステージに立ち、応募の動機や熱海への思いを語り、斉藤栄市長、中島幹雄熱海市観光協会会長、第28代梅の女王平沢詩麻さんら24人の審査員にアピールした。
中島会長が新「梅の女王」の名前を呼びあげると、熊谷さんは「えっ、信じられない」と涙を浮かべ、「育ったまち、大好きなまち熱海を知ってもらえるよう一生懸命PRしていきたい」と抱負を述べた。
最終審査はMOA美術館・能楽堂であり、熊谷さんには中島会長からトロフィーと賞金20万円、斉藤市長から表彰状が贈られ、平沢さんから「ミス熱海梅の女王」と書かれたたすきと女王のティアラが引き継がれた。ミス熱海梅娘の小松莉星(20)は熱海市出身で東京・杉並区の大学3年。ミス熱海桜の娘永井優里(20)は熱海在住。5人のミス熱海のうち3人が地元出身者だった。

第29回ミス熱海梅の女王コンテスト(熱海市観光協会主催)
◆ミス熱海梅の女王
11番 熊谷明日可くまがい・あすか)熱海市泉生まれ、20歳。泉小、泉中、韮山高校に進み、専修大学経済学部2年。
◆ミス熱海梅娘
5番 小松莉星(こまつ・りせ)20歳、国学院大学3年、東京都杉並区(熱海市出身)
16番 梅澤美咲(うめざわ・みさき)23、会社員、千葉県四街道市
◆ミス熱海桜娘
7番 稲生薫子(いのう・かおるこ)27歳、スキューバーダイバーライター、東京都小金井市
8番 永井優里(ながい・ゆうり)20歳、アルバイト、熱海市

中島発表 瞬間ティアラ 中島表彰 市長  IMG_7235ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る