【観光】熱海の「冬の花火」バージョンアップ、又吉さん「火花」と相乗効果

師走の熱海温泉を彩る「冬の熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が6日夜、熱海湾で開催された。今年はお笑い芸人、又吉直樹さんのデビュー小説「火花」(文藝春秋)が芥川賞を受賞。その小説に「冬の熱海海上花火大会」が登場したことから、相乗効果で人気がさらに高まった。
定番のスターマイン、大空中ナイアガラに加え、90秒スペシャル花火も打ち上げられ、バージョンアップした花火に忘年会で熱海を訪れている浴衣に丹前姿の宿泊者たちから歓声が上がった。
この日で秋の誘客イベント「熱海梅園もみじまつり」が閉幕し、主役は「忘年熱海海上花火大会」にスイッチ。12月は13日(日)と23日(水・祝)にも開催される。時間はいずれも午後8時20分~同45分まで。

◆天候・晴れ、観衆1万8000人

2 3 4 5 6

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る