【例大祭】天狗が志望校合格に「麦こがし」、「桃陵丒寅會」が熱海中訪問

来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「桃陵丒寅會(とうりょううしとらかい)」(川崎道生会長)は8日、雨宮盛克宮司とともに熱海中学校を訪れ、三年生生徒126人と交流。例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り」と「御鳳輦奉仕」について説明した。

この日訪れたのは裃(かみしも)姿などの男子役員と天狗、女子部員の計17人。男子の大厄である42歳の同級生が1年間みんなで神社に集まって氏神様にご奉仕して厄を逃れるのが熱海伝統の御鳳輦、という説明に続いて、川崎会長が「私たちは27年前の熱海中学の卒業生です。男子42人が厄を落とすために、16日に御鳳輦の御霊(みたま)を乗せて市内を歩き、厄払いをします。同級生のお母さんたちに裏方としてお手伝いしてもらいます。71人で3年かけて準備してきました」とあいさつ。会員から「天狗さんがまくこがしの粉をかけてもらうと風邪をひかなくなり、志望校に受かりますよ」と声がかかると、次々と頭にこがしの粉をかけてもらったり、生徒同士でかけあったりした。

◆桃陵丒寅會の名前 今年、御鳳輦奉仕を行うのは昭和48年(丑年)、同49年(寅年)生まれ。その丑(丒)寅と熱海中学生を指す「桃陵健児」からとって付けられた。
◆少子化 川崎会長をはじめ、桃陵丒寅會のメンバーが熱海中学3年時は6クラス240人。今年の同中3年生は126人(昨年から小嵐中と合併)。

IMG_0902ss

IMG_0926ss (1)

IMG_0923ss (1)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る