【観光】来月11日の「海開き」の準備着々 市県連携で熱海サンビーチをお化粧直し

来月11日の「海開き」に備え、熱海サンビーチで花の植え替えや砂浜の整地が始った。ジャカランダが見ごろを迎えた渚親水公園のお宮緑地では市職員など6人が、夏の暑さに強いニチニチソウを植栽。ムーンテラス入口では熱海土木事務所が砂浜を整地。市と県が連携して海開きの準備を続けている。
市内の長浜海水浴場や網代温泉海水浴場の人気も高まり、熱海サンビーチの海水浴客は平成22年をピークに減少傾向にある。しかし、今夏は国内最大級の海上遊具を使ったビーチアスレチック「サンビーチ・ウオーターパーク」がオープンすることから、最高の人出が期待されている。

全体IMG_0008ss客 工事 工事2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊者数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減 コロナの影響で過去最低の200万人割れ

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る