【観光】来月11日の「海開き」の準備着々 市県連携で熱海サンビーチをお化粧直し

来月11日の「海開き」に備え、熱海サンビーチで花の植え替えや砂浜の整地が始った。ジャカランダが見ごろを迎えた渚親水公園のお宮緑地では市職員など6人が、夏の暑さに強いニチニチソウを植栽。ムーンテラス入口では熱海土木事務所が砂浜を整地。市と県が連携して海開きの準備を続けている。
市内の長浜海水浴場や網代温泉海水浴場の人気も高まり、熱海サンビーチの海水浴客は平成22年をピークに減少傾向にある。しかし、今夏は国内最大級の海上遊具を使ったビーチアスレチック「サンビーチ・ウオーターパーク」がオープンすることから、最高の人出が期待されている。

全体IMG_0008ss客 工事 工事2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る