【文化】起雲閣で押し花アート、第16回「花ごよみ」展 春花で風景画鮮やか

熱海で押し花を楽しんでいるサークル「花ごよみ」を主宰する立見雅代さんと、教え子たちの「作品展」が19日、起雲閣音楽サロンで始まった。16回目となる今回は生徒ら約25人が風景画にチャレンジ、春花やイチゴなどの果物を巧みに使って仕上げた風景画約120点を並べている。
1週間重しを乗せて水分を抜き、厚さ1ミリ程度にまで薄く加工した押し花を数種類組み合わせ、背景に写真や布、水彩絵の具を使い、花が引き立つよう工夫を凝らしている。作品は自ら採取した草花を使い、1作品を完成させるのに3~4カ月かけた力作がズラリ。
「押し花は世代を問わず挑戦しやすいアート。こんな絵ができるんだ、と驚かれることが多い」と立見さん。毎年、この展示会を楽しみにしている人も多く、初日から大勢の来場者でにぎわった。22日まで。
お問い合わせは立見雅代さん☎090-9265-0966へ

取材

内田コマコ西部河津桜客

img258ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-6

    12月10日、11日に市議会「一般質問」 各議員の質問趣旨=全文

    熱海市議会11月定例会は12月10、11日に一般質問を行う。竹部隆議長・泉明寺みずほ副議長を除く市…
  2. 2019-12-6

    熱海の観光客、10~30代が全体の4割以上 市が観光客実態調査 女性が6割

    熱海市は12月5日、熱海観光における観光客の動向等を把握することを目的に実施した「観光客実態調査」…
  3. 2019-12-5

    熱海梅園の日本一遅い紅葉、ピーク迎える! 赤、橙、黄グラデーション鮮やか

    「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、今シーズンの紅葉のピークを迎えた。園内の380…
  4. 2019-12-4

    熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

    熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平…
ページ上部へ戻る