【編集室】「118番通報」、小型船安協、海保、熱海署が合同「海難救助訓練」

網代で34・8度を記録した26日、海難事故を防ごうと多賀湾で伊豆小型船安全協会熱海支部(鵜沢精一会長)、下田海上保安部(福井孝之保安部長)、熱海署(及川博行署長)が合同で海難救助訓練を実施した。
沖合で一人船長の小型船の船長が体調を崩し、海上保安庁への緊急通報電話番号「118」に救助要請したことを想定。電話は横浜の管区海上保安本部の運用司令センターにつながり、救助出動指令を受けた同支部のパトロール艇「しぐなす」「マックス2」が出動。下田海上保安部の警備救難艇「ぽらりす」、熱海署のパトロール艇「はやぶさⅡ」など6艇が連携して、船長を救助し、無人となったボートを戸又港(伊豆多賀港)に曳航した。実戦さながらに3つの場面を想定し、3トップが陣頭指揮して人命救助に取り組んだ。
また熱海サンビーチ沖や長浜、網代方面を巡回し、プレジャーボートや水上オートバイなどの利用者に救命胴衣の常時着用、居場所の確認などを訴えた。

海保は「118番」のPR活動に取り組んでいるが、昨年1年間だけでも全体の50万5355件の99%、50万600件が間違いやいたずらだったという。それでも有事に備え、訓練は欠かさない。これも「日本一の温泉観光都市」を目指す熱海を支える貴重な財産だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-19

    アイドル梅「思いのまま」、乱雪など遅咲き梅が主役に 熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園では、思いのまま、乱雪、白獅子、東錦、緑顎(りょくがく)枝垂れなどの遅咲き…
  2. 2020-2-19

    川勝知事、新型コロナウイルスを警戒 24時間体制で電話相談窓口

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川勝平太静岡知事は2月18日、急きょ会見を開き、新型コロナウイ…
  3. 2020-2-19

    【お悔やみ】三谷つるさん(熱海市青葉町)2月16日死去

    三谷つるさん(みたに・つる)2月16日死去、89歳。熱海市青葉町。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  4. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
ページ上部へ戻る