【選挙】「2人分の得票」で聖域防衛 米山秀夫候補(公明)

5期目を目指す公明党の米山秀夫議員(57)にとって、今回の市議選は当選とともにもう一つ重要な使命を持つ。選挙戦直前に夢想だにしなかったアクシデントが起きたからである。
今回の市議選で公明党は支部長の米山氏とともに勇退する金子芳正議員(66)に代わって新人の野田秀作氏(49)を擁立した。立候補も表明。しかし、事務所開きを予定していた3月25日の直前に、突然体調を崩して立候補を断念した。
一部には金子氏をピンチヒッターにという声もあがったが、党県連は「現職中に69歳を超えてはならない」という党規に例外を設けず、市議選立候補者を米山氏1人に決めた。
熱海市内の公明党の基礎票は2500といわれ、これで米山氏の当選は容易なものとなった。同時に新たな戦いも始まった。県連は4年後の市議選は「2人当選」を想定している。そこで他陣営の草刈り場にさせないためにも、米山氏には「2人分の得票で勝利」を期待。議席獲得とともに支持者の結束を最重要視している。投票率にもよるが、目標は2000票。他の候補とは一つ上のステージの選挙戦。陣営の士気は高く、一致団結。

「米山は大丈夫、という声が一番怖い。その声をもとに他陣営が入り込んでいる。油断できません」。米山氏は聖域防衛というもう一つのテーマとも戦っている。

◆米山候補の政策
・結婚し子供を産み育てやすい環境の整備
・「こども課」設置による、切れ目のない行政サービスの提供を推進
・観光関連予算および補助金の適正化
・「未病治療」を「テーマにした、温泉・飲食事業の促進
・地域包括ケアシステムの早期構築

DSC_5658ssDSC_3794ssyDSC_3816ssyDSC_3818ssyyoneyama100

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-26

    10月1日から「北斎 冨嶽(ふがく)三十六景」展 MOA美術館

    MOA美術館は10月1日から11月10日まで所蔵展覧会「北斎 冨嶽(ふがく)三十六景」を開催する。…
  2. 2020-9-25

    藤曲敬宏氏、県議会で代表質問 リニア問題で川勝知事と舌戦 

    静岡県議会9月定例会は9月25日、藤曲敬宏(自民改革会議)、伴卓(ふじのくに県民クラブ)の…
  3. 2020-9-24

    熱海銀座の飲食店で20代5人が食中毒 9月7日利用者、サルモネラ菌検出

    静岡県は9月24日、熱海市銀座町の「熱海銀座おさかな食堂」(夜は、おさかな酒場)を9月7日に利用し…
  4. 2020-9-24

    【お悔やみ】太田信雄さん(熱海市伊豆山)9月21日死去

    太田信雄さん(おおた・のぶお)9月21日死去、74歳。熱海市伊豆山。出棺26日午前11時、般若院。…
ページ上部へ戻る