【イベント】バルーンアートで子どもたちと交流 中銀「あたみスプリングマーケット」 

 高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは5日、渚親水公園レインボーデッキで第12回「あたみスプリングマーケット」を開いた。やや風が強かったが、天候に恵まれ、フリーマーケットやフードコーナー、ちびっこ広場などに多くの市民や観光客が集まった。

ステージで開かれたバルーンアートでは、子供たちが食い入るようにパフォーマーを見つめ、スタッフを務めた入居者らが子どもたちと対応、ショーを盛り上げた。似顔絵、パットゴルフのコーナーも人気を博した。

同マーケットは、熱海市民との交流や生きがいづくりなどを目的に毎年開かれ、今年で12年目。同社社員と入居者が実行委員会をつくり、企画・運営している。

(熱海ネット新聞)

DSC_7614ss

DSC_7608ss

似顔絵

DSCN2705

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る