【エンタメ】「NOKKOさん」に紅白出演打診 戦後音楽史企画で80年代に「レベッカ」

今年20年ぶりに再結成した熱海市在住の「NOKKOさん」がボーカルを務めるロックバンド「REBECCA(レベッカ)」が、大みそかのNHK紅白歌合戦への出演を打診されていることが分かった。13日付けのスポーツニッポン紙が報じた。実現すれば、結成31年で初出場となる。
今年、戦後70年を迎える紅白は、戦後の音楽史を振り返る企画を予定しており、80年代の音楽シーンを代表するレベッカを欠かせない存在として期待しているという。
レベッカは84年にデビュー。NOKKO(51)による紅一点ボーカルバンドの先駆けで、日本のロックバンドでは初めてアルバムのミリオンセールスを達成。その後、人気絶頂の91年に解散した。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが12月10日、始まった。まゆ玉は家庭や職場にまつるこ…
  2. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  3. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
  4. 2019-12-9

    消費増税も影響なし、忘年熱海海上花火大会に1万5千人 冬の夜空彩る

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月8日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタ…
ページ上部へ戻る