【ゴルフ】イ・ボミとキム・ハヌルが並び首位、彩香は3打差の11位発進

◇サントリーレディースオープン第1日(9日・兵庫六甲国際GC=パー72)
今季2勝目を目指すイ・ボミとキム・ハヌル(ともに韓国)が6アンダーで首位に並んだ。米ツアーから撤退して国内復帰戦となる有村智恵と福田裕子が、ともに6バーディー、1ボギーの67で回り、1打差の3位。渡邉彩香(22)=大東建託=は首位に3打差の11位からの発進。アマチュアの勝みなみ(鹿児島高3年)は2アンダーの16位につけた。大会連覇を狙う成田美寿々は、3オーバーの83位と出遅れた。今大会はに4日間大会。
◆渡邉彩香「ショットはそんなに良くなかったですけど、その中で途中5アンダーまで伸ばせたのは良く耐えた方だと思います。ただそういうプレーが出来ていただけに、最後のダブルボギーはちょっと悔いが残ります。フェアウェイから短い距離を残せばグリーンは止まるので、そういうショットを増やしていけるようにしたい」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る