【ゴルフ】彩香、3打差2位「このままでは終われない」 イ・ボミが首位

◇大王製紙エリエール・レディス第3日(21日、福島・五浦庭園CC=パー72)
今季6勝で賞金女王に決まっているイ・ボミ(韓国)がボギーなしで7バーディーを奪って65をマークし、通算13アンダーの203で6位から首位に上がった。70で回った渡辺彩香(22)=ユピテル=が3打差の2位、さらに1打差で上田桃子が続いた。

3打のビハインドを追う。渡辺彩香は最終日、渾身一滴の勝負を賭ける。「(首位の)ボミさんは賞金女王。プレーを見ていても、上手だなぁ、と感じます。だから、3打差は結構、遠い」としながらも、「今シーズン、何度も優勝争いで負けているし、負け続けで終わりたくありません」と力を込めた。当然ながら、調子の裏付けがあればこそ。「ショットが安定しているから、きょうはバーディーが思うようにとれなかったけど、ストレスにはなっていない。最終日は第2日のように前半から、ガンガン攻めていくだけです」と宣言した。その意味で、この日の9番のようなチャンスは、絶対にいかしたい。2オンに成功したものの、3パットだった。「ミスをしたわけではないけど、あそこでイーグル、バーディーを決められたら、流れがもっと良かったことは確かでしょうね」。飛距離は絶対のアドバンテージだ。
文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る