【ゴルフ】渡辺彩香が2位浮上 

◇ヤマハレディースオープン葛城第2日(3日・静岡葛城GC山名=6568ヤード、パー72)
15位で出た渡辺彩香(21)=ユピテル=が2バーディーの70で回り、通算2アンダー。前週優勝の笠りつ子、昨季賞金女王で大会連覇が懸かるアン・ソンジュ(韓国)、斉藤愛璃、藤田光里とともに2位に並んだ。
藤本麻子が5バーディー、1ボギーで回り、通算9アンダーで首位をキープした。2位と7打差は、4日間大会で2ラウンド終了時点の最多記録。

この日のラウンド、渡辺彩香の自信は確信に変わった。2バーディー、ノーボギー。首位の藤本に7打差をつけられたが、闘志は全く衰えていない。「気持ちのいいバーディーがとれました。戦えるゴルフです」と前を向いた。複数回V、賞金女王という大きな目標を掲げて挑んだ、今シーズン。ところが、開幕から3戦予選落ちを喫するなど、想定外の事態となった。オフのスイング改造が大きく影響? 誰もがそう思ったに違いない。しかし、前週の『アクサレディス宮崎』のプロアマ戦で大きなヒントを得た。LPGA相談役・樋口久子とラウンドし、悩みを打ち明ける。

「スイングを後ろから見ていただくと、方向性の問題だけ、ということがわかりました。自信をもって、とエールをいただいたら、とても気が楽に…」。ひとことでスランプが解消してしまうのだから、ゴルフは不思議なスポーツだ。それどころか、ストレートボールをきっちりと打つようになって、飛距離アップのおまけまでついた。「10ヤードぐらいのびて、270ヤードぐらい。7打差でも最終日まで絶対にあきらめない。私は、雨とか風が嫌いじゃありません。ショットの調子も上がっていますからね」。これまでの4日間大会の予選ラウンド終了時点での、首位と2位の最多差は、1993年ワールドレディスなどの『6』だ。ニュースイングの絶好の腕試しとなる。

文・写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る