【市政】「ニトリ」と連携した市営住宅 応募なく募集期間を延長

熱海市は、家具量販大手「ニトリ」と連携して自分好みに室内を改良できる市営住宅の入居募集を期間延長する。締め切りは11月30日までだが、応募がないための措置。市外の子育て世代に市営住宅入居・定住を促進するモデル事業で市内6カ所の市営住宅から選ぶことができる。
本年度は600万円(1室あたり300万円×2戸)を投じて3DKの空室を2LDKにリフォームし、人口減少と少子化対策に期待していた。
◆募集戸数 2戸(5年以上入居が条件)
◆応募条件 現在市外に住み、中学生以下の子どもがいる40歳以下夫婦の世帯
◆応募期間 10月23日~
◆問い合せ 市観光建設部まちづくり課 建築住宅室 0557(86)6425

6kenn

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る