【市政】「住まうまち熱海に着手の年」、斉藤市長が訓示

官公庁仕事始めの5日、熱海市は第1庁舎4階会議室で仕事始め式を行い、斉藤栄市長が「今年は住まうまち熱海を本格的にスタートさせる年。観光商業振興のみならず、福祉と教育を充実し、市民の暮らしを豊かにする」と年頭の訓示を行った。市長はまた「実現するにはタテ割りの組織を打破し、市役所の多くの部局を超えて連携してプロジェクトを推進する」と述べ、部局間の連携を指示した。市や消防署など幹部職員150人が出席した。

具体例として「高齢者と若年層の住まい方モデル事業(市営住宅)」を挙げた。
「市営住宅問題は今まさに高齢者問題。この問題を解決するには、今ある住宅を単に改修するだけでなく、たとえばデイサービスセンターを併設したり、買い物難民支援を行う。こういったことをやるには観光建設部と健康福祉部が部所を無くして取り組まなければいけない。また、人口流出を食い止める最大の課題は、若者に20歳くらいから熱海に住んでもらうこと。例えば若年層の形に合わせてリフォームしていく。これも就職は観光経済課、就職説明は商工課、熱海商議所とも連携しなければならない」と述べた。

また志願者減が続く県立熱海高校を、官民連携で「入り口、教育、就職」を一体となって充実させ、「市の人材輩出拠点にする方針」も指示した。

13 4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る