【市政】和田翔平氏のあいさつ=全録

和田翔平氏(26)は7日の後援会事務所開きの席で次のように話した。

「私は26歳、社会経験も浅く、政治に関しても知らないことは多いが、橋本一実県議からは政治姿勢を、父が後援会長を務めている鎌田武俊市議からは政策立案についてたくさん学ばせて頂いております。
渡辺周衆院議員は29才で静岡県議初当選を果たしており、私に挑戦する勇気を与えて下さいました。
斉藤市長が熱海市財政危機宣言を行ってからはや8年。この間、行政、業界、皆さまのご協力もあり、危機を脱することが出来ました。これから熱海は新しいスタートを切れると、皆さまも認めるところとなりました。そしてこれからの熱海を具体的にどう盛り上げていくか。そんなことを考えながら熱海の未来を想像しておりますと、私も新しい熱海作りに積極的に携わりたいという思いが沸きあがってまいりました。

現在、斉藤市長が進められております熱海のプロモーション活動。たとえばADさんいらっしゃい活動の成果もありまして、熱海にいらっしゃる若い観光客も増えており、中には熱海の魅力にひかれて何度も足を運んでくださるという話も聞き及んでおります。

ご案内のように熱海には若者が非常に少なく、私も友人がたくさん熱海を離れて暮らしている方がたくさんいる。でも条件さえクリアできれば、熱海に戻って暮らしたいという人もいます。今こそ熱海に若い力が必要です。熱海の魅力にひかれてこの地に来てくださる方々に、一握りでんもいい。熱海に住んでいただき、これからの熱海を盛り上げる若い力になってほしいと考えております。

しかし、若者の雇用は限られ、例え熱海に移住してきたとしても結婚、出産にちゅうちょする。このような状況を改善し、定住人口の増加、そして子育て、教育環境の充実。これは高いハードルと言えます。この課題に挑戦し、解決していくことこそ私、和田翔平に課された使命であると肝に銘じております。誠心誠意、全身全霊を込めて頑張ってまいります。
ぜひ今後も和田翔平をよろしくお願いします」

3人横 DSCN8892 DSCN8900

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る