【市政】壮観、川口健後援会が総決起大会 

熱海市議選に出馬する現職・川口健氏(47)の後援会は20日夜、JR網代駅前の和田木会館3階で総決起大会を開催した。会場には200人を超す支援者が駆け付け、熱気に包まれた。開会あいさつに続いて清水正彦後援会長、川口市雄前熱海市長、森田金清前熱海市観光協会会長、勝俣孝明衆院議員、県議選立候補予定の藤曲敬宏市議に続いて後援会幹部、各町内会長、消防団、同級生らが次々にあいさつ。堀井弘幸後援会青年部長によるがんばろう三唱で締めくくった。

3選に挑む川口氏は前回市議選で2位議員を540票上回る1940票を獲得して当選。後援会顧問の川口前市長は「年期を重ねるごとに役所、議員同士でも発言力が違ってくる。それが地元、熱海のためになる」と話し、今以上の支援を訴えた。
1時間30分に渡り、知子夫人とともに立ち姿で激励を受けた川口健氏は「親父の7回の選挙、そして私の3回の選挙を支援して頂き、ありがとうございます」と感謝し、「安全、観光、教育、福祉、産業の5つを重点目標として、郷土熱海の繁栄に奉仕させていただく」と決意を述べた。

◇清水正彦後援会長 3期目になれば、議長ポストも見えてくる。周囲の議員の皆さんにそういう目で見ていただける選挙にしたい。勝俣衆院議員とともに何度も国会やJR本社に足を運び、無人化が決まった網代駅のバリアフリー化やエレベーターの設置に一生懸命動いたのが川口健。後援会として全力で応援していく。

青年部長 がんばろう2人川口あいさつひな壇大勢後援会長副会長司会DSC_3014ssDSC_3015ss2女性部長3456789同級生

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る