【市政】差し押さえ55件などで4973万円徴収 今年度2回目の市税滞納整理

熱海市は、滞納整理のため実施した2015年度2回目の市税等特別滞納整理の結果を公表した。対象税額9億6683万7990円に対し、本税4973万42円を徴収した。徴収率は、5・1%(前年度5・9%)。延滞金などを含めた徴収総額は6152万9909円。滞納処分件数は、差し押さえ55件(債権49件、不動産6件)。以前に差し押さえた分を含め78件を換金し、574万9451円となった。
今回の特別滞納整理は、昨年11月9日から27日の平日14日間で実施。市税務課職員18人が、2648件を対象に市税、国民健康保険税、介護保険料、保育園の債権の電話催告や差し押さえを行った。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  2. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
  3. 2020-4-9

    【お悔やみ】堀部正幸さん(熱海市咲見町)4月7日死去 壽屋呉服店

    堀部正幸さん(ほりべ・まさゆき)4月7日死去、79歳。熱海市咲見町。壽屋呉服店。通夜10日午後6時…
  4. 2020-4-8

    マリンスパあたみ 4月11日から5月6日まで臨時休館 緊急事態宣言で

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が首都圏を中心に「緊急事態宣言」を行ったのを受け4月8日、…
ページ上部へ戻る