【市政】市役所第一庁舎も業務開始 市長自らお出迎え

GW明けの6日、熱海市は新庁舎の業務を開始した。午前8時30分、第一庁舎正面入り口のドアが開くと、斉藤栄市長が市役所を訪れる市民を出迎え、「新庁舎案内」のパンフレットを一人ひとりに手渡した。

 

前日、職員が総出で最終的な引っ越し作業を完了。「市役所全体のモチベーションが上がっており、これを市民サービスの向上につなげたい」と話す市長は「今日は8年間温めてきた新生熱海のスタートです」と胸を張った。

 

 

 

新市役所のウリは1階フロアに市民生活課と税務課を配し、住民票などの発行窓口でも一部の税務証明書の発行が可能になったこと。サービス向上のため、申請等を案内する「お客様サポーター」を2名設け、交代で午前8時30分から午後5時15分までフルカバーしている。

 

3階には観光・建設関連の部署が入り、市長肝入りの「ワンフロアサービス」が始まった。

 

(熱海ネット新聞)

市長案内

サポーター

DSCN3148

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る