【市政】市役所第一庁舎も業務開始 市長自らお出迎え

GW明けの6日、熱海市は新庁舎の業務を開始した。午前8時30分、第一庁舎正面入り口のドアが開くと、斉藤栄市長が市役所を訪れる市民を出迎え、「新庁舎案内」のパンフレットを一人ひとりに手渡した。

 

前日、職員が総出で最終的な引っ越し作業を完了。「市役所全体のモチベーションが上がっており、これを市民サービスの向上につなげたい」と話す市長は「今日は8年間温めてきた新生熱海のスタートです」と胸を張った。

 

 

 

新市役所のウリは1階フロアに市民生活課と税務課を配し、住民票などの発行窓口でも一部の税務証明書の発行が可能になったこと。サービス向上のため、申請等を案内する「お客様サポーター」を2名設け、交代で午前8時30分から午後5時15分までフルカバーしている。

 

3階には観光・建設関連の部署が入り、市長肝入りの「ワンフロアサービス」が始まった。

 

(熱海ネット新聞)

市長案内

サポーター

DSCN3148

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る