【市政】市議会、議員定数「2減の15」を可決

熱海市議会は20日、議員12人が連名で提出した現在の議員定数「17」を「15」に削減する条例改正案を賛成11、反対3で可決した。4月の任期満了に伴う市議選から適用される。
定数削減の条例改正案は、民主党・市民クラブ議員団、爽心会、自民党熱海創政会、熱海市政調査会、あたみ絆の会の5会派の議員が提出。民主党の山田治雄議員が提案理由を「通信と交通の発達で地域の要望の聴取は容易になった。議員の資質の向上と活動の活発化を図るためには自ら身を削り、15にするのが最適」と説明した。

反対討論では公明党の米山秀夫議員が「議員数の削減がなぜ議員活動、議論の活性化につながるのか。これらは議員の数ではなく、議員一人ひとりの資質の問題。市民の意見を反映できる議会運営を期待するなら、15人より17人が良い」などとしたのに対し、爽心会の川口健議員が「行政改革で明るい兆しが見えてきている。市民福祉のさらなる向上のためにも議員自らが率先して身を削り、先頭に立って取り組むべきだ」と賛成討論した。

熱海市議会2月定例会はこの日、開会。斉藤栄市長の平成27年度施政方針演説に続き、田辺国治副市長が一般会計予算など44案件について説明した。

◇議員定数削減 平成11年26→24人、15年24人→21人、19年21人→19人、23年19人→17人、27年17人→15人。

DSCN8110

山田治雄議員

DSCN8115

米山秀夫議員

DSCN8120

川口健議員

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る