【市政】市長の冬ボーナス182万円、一般職は71万円 総支給額は3億5810万円

熱海市の公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。市役所の一般職員477人の平均支給額は71万(平均年齢41・6歳)で前年より3万6千円減った。特別職は市長の182万8千円(前年比10万7千円減)をはじめ、副市長153万7千円(同9万1千円減)、市議会議長113万6千円(同4万円減)、市議95万3千円(同3万4千円減)となった。
一般職と特別職、市議会議員を合わせた総支給額は3億5810万2千円で前年より3100万円ほど減少した。職員数が前年より16人減少したのと、人事院勧告による給与改定がまだ行われていないため。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-5

    熱海梅園の日本一遅い紅葉、ピーク迎える! 赤、橙、黄グラデーション鮮やか

    「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、今シーズンの紅葉のピークを迎えた。園内の380…
  2. 2019-12-4

    熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

    熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平…
  3. 2019-12-3

    台風被害のホテル旅館支援 熱海市、割引クーポンを発行 断水施設は2千円

    熱海市は12月2日、台風19号で断水などの被害を受けた市内のホテル旅館の誘客促進に2千円と…
  4. 2019-12-3

    幻想的な光、駐杖橋の紅葉彩る 熱海梅園でライトアップ

    「熱海梅園もみじまつり」開幕中の熱海梅園では、夜間も観光客が訪れ、静かな雰囲気の中でライト…
ページ上部へ戻る