【市政】市長の冬ボーナス182万円、一般職は71万円 総支給額は3億5810万円

熱海市の公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。市役所の一般職員477人の平均支給額は71万(平均年齢41・6歳)で前年より3万6千円減った。特別職は市長の182万8千円(前年比10万7千円減)をはじめ、副市長153万7千円(同9万1千円減)、市議会議長113万6千円(同4万円減)、市議95万3千円(同3万4千円減)となった。
一般職と特別職、市議会議員を合わせた総支給額は3億5810万2千円で前年より3100万円ほど減少した。職員数が前年より16人減少したのと、人事院勧告による給与改定がまだ行われていないため。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る