【市政】市長の冬ボーナス182万円、一般職は71万円 総支給額は3億5810万円

熱海市の公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。市役所の一般職員477人の平均支給額は71万(平均年齢41・6歳)で前年より3万6千円減った。特別職は市長の182万8千円(前年比10万7千円減)をはじめ、副市長153万7千円(同9万1千円減)、市議会議長113万6千円(同4万円減)、市議95万3千円(同3万4千円減)となった。
一般職と特別職、市議会議員を合わせた総支給額は3億5810万2千円で前年より3100万円ほど減少した。職員数が前年より16人減少したのと、人事院勧告による給与改定がまだ行われていないため。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る