【市政】市長の冬ボーナス182万円、一般職は71万円 総支給額は3億5810万円

熱海市の公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。市役所の一般職員477人の平均支給額は71万(平均年齢41・6歳)で前年より3万6千円減った。特別職は市長の182万8千円(前年比10万7千円減)をはじめ、副市長153万7千円(同9万1千円減)、市議会議長113万6千円(同4万円減)、市議95万3千円(同3万4千円減)となった。
一般職と特別職、市議会議員を合わせた総支給額は3億5810万2千円で前年より3100万円ほど減少した。職員数が前年より16人減少したのと、人事院勧告による給与改定がまだ行われていないため。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
  2. 2020-7-7

    新社長に富岡篤美氏 エフエム熱海湯河原 多賀・網代の難聴地区解消へ

    熱海市の「エフエム熱海湯河原」はこのほど、定時株主総会・取締役会を開き、役員改選で市内下多賀の旅館…
  3. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  4. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
ページ上部へ戻る