【市政】旅館・ホテルの耐震診断 対象9棟、年内に終了

改正耐震改修促進法で耐震診断結果を県に報告することが義務付けられている大規模な旅館・ホテルなどについて、対象となる市内の9棟全てが年内に耐震診断を終えることが分かった。熱海市が25日、公表した。24日現在、8棟が診断済みで、残り1棟が年内に完了するという。
同法では、2015年12月までに診断結果を県に報告することが義務付けられている。1981年5月以前に建てられた延べ床面積5千平方メートル以上の不特定多数が利用する大型施設が対象。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る