【市政】旧庁舎跡地「駐車場」、来年3月完成

熱海市議会公共施設整備特別委員会(川口健委員長)の協議会が21日、市役所であり、市が旧庁舎跡地に整備する駐車場の計画案を示した。当初予定していた平面駐車場(47台)を2層3段の立体型に変更。駐車台数を120台とし、公用車用を除く102台を来庁者にあてる計画。建設費は2億4991万円。来年1月に建設に着工し、3月末の完成を目指す。6月の市議会定例会で諮る。

年間維持管理費用は約1000万円。収入は旧中央駐車場(57台)の実績から年間約2100万円を見込んでいる。また、来宮駅方向へ上る県道の歩道を0・5メートル拡幅し、2メートルにするという。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る