【市政】津波避難訓練、今年は英語、中国語でもアナウンス=動画あり

東日本大震災の発生から5年となるのにあわせ、熱海市は6日、大津波の発生を想定した避難訓練を実施した。今年は外国人観光客への対応として、津波を知らせる同報無線を日本語のほかに英語、中国語でも初めて流した。
国土交通省中部運輸局によれば、去年1年間に静岡県内で宿泊した外国人の数は推計でのべ176万9730人。前年のおよそ2倍で伸び率が全国の都道府県の中で最も高かった。内訳は中国が全体の69%を占め、次いで台湾10%、タイ4%、韓国3%。熱海市でも中国人旅行者が急激に増えており、津波避難訓練でも中国語を取り入れた。

3国語による避難訓練の動画…IMG_2727

しんすいこうえんNIMG_8437ssIMG_8444pss

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
  2. 2020-8-11

    熱海・伊豆多賀海上花火大会、12日午後8時20分〜長浜海浜公園

    熱海市の多賀観光協会は8月12日、長浜海浜公園で伊豆多賀海上花火大会を開催する。時間は午後8時20…
  3. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  4. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
ページ上部へ戻る