【市政】海洋散骨で市が指針、市内海岸(初島を含む)から10キロを自粛要請

観光地のイメージ保護や海産物のブランド保持のため、熱海市は海洋散骨について独自指針を作成し、1日から運用を始めた。熱海港の沖合約10キロに初島があるため、海上散骨は①市内の海岸(初島も含む)から10キロ以上離れて実施する②マリンレジャー客の多い夏場は自粛③宣伝の際は「熱海沖」と記さない④遺灰は水溶性の袋に入れ、ガラスや金属を一緒にまかない-ことなどを業者に要請している。
ただ海洋散骨をめぐる法的規制はなく、指針は業者への要請にとどまり、罰則はない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る