【市政】市職員定期異動、課長以下の166人

熱海市は16日、課長以下の定期人事異動(4月1日付)を内示した。先に発表した部長、次長、及び理事級を含めた対象者は174人(部長、次長及び理事8人、課長以下166人)。今回の人事異動で、平成27年4月1日現在の一般職職員は480人となり、前年同期より18人減少(退職者33人、新規採15人)した。市の目標職員数は495人で大幅に割り込んだ。定年退職者がピークを迎え、課長級職員の世代交代が進み、0人だった課長級の職員が7人誕生した。

IMG12 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  2. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  3. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  4. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
ページ上部へ戻る