【市政】熱海梅園で恒例の梅の実落とし 不作だった昨年を上回る

熱海市は5月25日、熱海梅園で恒例の梅の実の採取を行った。市職員9人とボランティア9人が2組に分かれて作業し、竹の棒で枝葉を揺すって振り落とし、課外授業で訪れた第一小の1年生45人が梅の木の下にブルーシートを広げるなどして、作業を手伝った。今年は小粒なものの、裏年で不作だった昨年の120キロを上回る見通し。作業は26日も行われる。
熱海梅園には59種、472本の梅の木が植えられているが、梅干しなどに使える木は「白加賀」「長束」など132本の実梅。収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」(岸幸宏社長)と熱海卸酒販会社「池田直文社長」に販売され、熱海梅園をPRする商品として市場に出る。
【過去10年の収穫量】
▼2007年(110㌔)△08年(350㌔)▼09年(209㌔)■10年(採取なし)△11年(455㌔)▼12年(425㌔)△13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)17年(?)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-11-17

    国体11位の熱海高ヨット部、戦闘力強化 OB、OGが最新鋭セール寄贈

    熱海高校ヨット部のOB会と熱海フリートレース実行委員会は11月10日、同高ヨット部に最新鋭…
  2. 2019-11-17

    令和2年度の来宮神社厄年奉賛会が始動 熱海芸妓と弁財天の池清掃

    熱海芸妓(げいぎ)が芸能の神様とあがめる来宮弁財天の例祭(11月23日)を前に、令和2年度…
  3. 2019-11-17

    熱海梅園 「もみじまつり」開幕 「日本で最も遅い紅葉」色づき始める

    熱海梅園で11月16日、「もみじまつり」(熱海市観光協会主催)が開幕した。園内にはイロハモ…
  4. 2019-11-17

    【お悔やみ】岩堀秀夫さん(熱海市咲見町)11月16日死去

    岩堀秀夫さん(いわぼり・ひでお)11月16日死去、81歳。熱海市咲見町。ソニック鍼灸接骨院。通夜1…
ページ上部へ戻る