【市政】熱海梅園で恒例の梅の実落とし 不作だった昨年を上回る

熱海市は5月25日、熱海梅園で恒例の梅の実の採取を行った。市職員9人とボランティア9人が2組に分かれて作業し、竹の棒で枝葉を揺すって振り落とし、課外授業で訪れた第一小の1年生45人が梅の木の下にブルーシートを広げるなどして、作業を手伝った。今年は小粒なものの、裏年で不作だった昨年の120キロを上回る見通し。作業は26日も行われる。
熱海梅園には59種、472本の梅の木が植えられているが、梅干しなどに使える木は「白加賀」「長束」など132本の実梅。収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」(岸幸宏社長)と熱海卸酒販会社「池田直文社長」に販売され、熱海梅園をPRする商品として市場に出る。
【過去10年の収穫量】
▼2007年(110㌔)△08年(350㌔)▼09年(209㌔)■10年(採取なし)△11年(455㌔)▼12年(425㌔)△13年(520㌔)▼14年(420㌔)△15年(630㌔)▼16年(120㌔)17年(?)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る