【市政】高市総務大臣が指摘、熱海市の事務処理ミス マイナンバー通知カード

高市早苗総務相は11日の閣議後記者会見で、共通番号制度のマイナンバーを記載した「通知カード」について、自治体による事務処理の誤りなどが原因で、熱海市の計10世帯24人分など全国5つの市や町の93世帯184人分が作成されていなかったことを明らかにした。
住民からカードが届いていないとの問い合わせがあり発覚したという。
熱海市は11日、該当する5世帯12人分についてすでに作製済みで、13日までに配達される予定と発表した。通知カードを作製・送付する日本公共団体情報システム側とのデータ連携のミスが原因だが、市側に過誤はなかったという。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

  2. 2021-1-20

    コロナ緊急事態宣言で“熱海ひん死” 経済3団体トップ、市に緊急要望書 

  3. 2021-1-20

    川勝知事、緊急警報を発令 県内で英国の変異種コロナ3人感染 熱海以外の地域

  4. 2021-1-19

    「あたみ桜」観に来て 多賀観光協会、1月23日から「四季の道桜まつり」 

ページ上部へ戻る