【市政】高市総務大臣が指摘、熱海市の事務処理ミス マイナンバー通知カード

高市早苗総務相は11日の閣議後記者会見で、共通番号制度のマイナンバーを記載した「通知カード」について、自治体による事務処理の誤りなどが原因で、熱海市の計10世帯24人分など全国5つの市や町の93世帯184人分が作成されていなかったことを明らかにした。
住民からカードが届いていないとの問い合わせがあり発覚したという。
熱海市は11日、該当する5世帯12人分についてすでに作製済みで、13日までに配達される予定と発表した。通知カードを作製・送付する日本公共団体情報システム側とのデータ連携のミスが原因だが、市側に過誤はなかったという。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

ページ上部へ戻る