【市政】高橋幸雄後援会が事務所開き

4月の熱海市議選に立候補を表明している現職・高橋幸雄氏(59)の後援会は29日、市内伊豆山で事務所開きを行った。
伊豆山神社・原口尚文宮司の神事に続いて小林秀樹後援会長が「1つでも上を目指して、伊豆山はもとより熱海の活性のために4期目へ送り出しましょう」とあいさつ。続いて斎藤栄市長、金子芳正市議、県議会議員候補の藤曲敬宏氏、裾野市の杉本平治市議、當摩達夫岸谷町内会長、牧野文弘伊豆温泉観光協会会長らが来賓の祝辞を述べた。

金子市議の勇退で、伊豆山、泉地区の市議候補が1人となった高橋氏は「2020年には東京五輪パラリンピックが控えており、これからの1期4年間が伊豆山ばかりでなく、熱海にとっても大事な時期。議長になり、市外でもいろんな人に会い、話を聞いた。そこで培った経験を温泉地の横綱を確実にするためにいかさせていただきたい」と話した。

DSCN9523DSCN9531トップDSCN9541 DSCN9542 DSCN9543 DSCN9556

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る