【市政】26日から入園有料 二分咲きに近付く

熱海市は20日、梅まつり開催中の熱海梅園の入場料の徴収を26日(月)から開始すると発表した。19日現在の開花状況は早咲き種が1・62分咲きまで進み、26日には「有料化」の規準となる「早咲き種全体で二分」に到達すると判断、昨年より4日早めた。
この日、園内では開花が遅れていた「紅鴬宿(べにおうしゅく)」が開花した。前年より4日早い。昨年の有料開始は30日だった。

◇梅園の開花状況(19日現在) 472本の梅の木の内、198本が開花し、全体で「0.95分咲き」。早咲きは185本で「1・62分咲き」(5分咲き12本、3分咲き3本、2分咲き24本)。中出は13本で「0・09分咲き」。遅咲きは未開花。
◇入園料金 大人300円(中学生以下無料)、団体200円。市民と宿泊客は100円。

baien17 (1)

DSC_6300ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る