【文化】「日本工芸会選抜展」が開幕 MOA美術館

 

重要無形文化財保持者(人間国宝)らが手掛けた陶器、染織、木工などを展示した「日本工芸会東日本・東海選抜展」が16日、MOA美術館で始まった。日本工芸会は、人間国宝を中心に伝統工芸作家で組織され、伝統工芸技術の発展と向上のために活動している。今回は2015年春に開催された日本工芸会東日本支部及び東海支部の支部展に出品された作品の中から選りすぐった約120点を展観している。
会期中には人間国宝をはじめ現代工芸作家約30人による作品の展示・販売「アートフェア」も開催する。11月17日まで。
問い合わせはMOA美術館〈電0557(84)2511〉へ。

写真=緑釉花器  黒岩達大

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る