【文化】世界ジオパーク認定、早くても3年後 推進協議会が臨時総会 

伊豆半島ジオパーク推進協議会の臨時総会が24日、伊豆市であり、熱海市など伊豆の15の市町の行政担当者や関係者が出席した。冒頭、伊東市長の佃弘巳会長が今年9月に「保留」とされた「世界ジオパーク」についての経緯を説明。理由の1つとしてかつて伊東市で行われていたイルカの追い込み漁を挙げ、現在その根拠を文書で確認中で、世界加盟へ向け示された課題についてクリアする準備が進んでいる事などを報告した。
しかし、世界ジオパークを認定する団体がユネスコの関連団体から本部に変わったため、申請をやり直す必要があり、伊豆半島ジオパークの認定は早くても3年後になるという見通しが示された。
◆佃弘巳会長の話 イルカ漁はジオパークや地質と切り離して考えていくべきで、関係機関と協議して世界認定に向けて対応していきたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る