【文化】小唄と踊り、起雲閣で「邦楽和乃会」

熱海市で小唄を楽しむ「邦楽和乃会」(春日とよ和乙乃主宰)は11日、起雲閣の麒麟の間で「小唄と踊りの会」を開いた。春日さんと会員たちが来館者に小唄と三味線を披露し、熱海芸妓の松千代さんが華麗に舞い、花を添えた。小唄「梅は咲いたか」「五万石」「初出見よとて 初出姿の」、端唄「春雨」など、新春にあわせてめでたい演目を選び、およそ100人の観光客を楽しませた。

同会は土・日曜などに起雲閣で稽古を行っており、定期的に観光客に磨きをかけた小唄と三味線を披露している。

DSCN6824IMG_1984DSCN6826DSCN6834

IMG_1983 (1) 動画

 

 

DSCN5374DSCN5377DSCN5370

起雲閣での「五万石」の稽古の様子

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る