【文化】「郷愁のランプ展」開幕 澤田政廣記念美術館

 

毎年恒例の「郷愁のランプ展」が13日、澤田政廣記念美術館で始まった。澤田政廣は、生前さまざまな骨董品を収集しており、とくにランプの収集では、当時、日本でも指折りの収集家の一人。今年もコレクションの中から、政廣自慢の洋ランプと日本で独自の発達をとげた座敷ランプなどを展示している。
本来、テーブルの上に置かれて使用される洋ランプ。日本の畳文化の中で独自の発達をとげた明治期の座敷ランプ。対比すると面白い。

 

 

政廣は、ランプの持つ一種不思議な耀きと色彩、形の面白さ、ロマンティックな香りを放つ美しさに魅せられランプを幅広く収集。そのうち約160点が同美術館に収蔵されている。

明治・大正時代の郷愁を感じさせるコレクションだ。

(熱海ネット新聞)

 

 

 

◇澤田政廣(1894~1988)

本名、寅吉。文化勲章受章芸術家、熱海市名誉市民。

熱海の海辺に育ち19歳で彫刻家を志し、 高村光雲(たかむらこううん)の高弟:山本瑞雲(やまもとずいうん)に師事。93歳で没するまで、多くの木彫作品をはじめ、絵画、陶芸、版画、書など、 さまざまな芸術領域にわたり創作した。

◇開催期間
5月13日(火) ~ 7月13日(日)

 

ランプ青 ランプ赤

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る