【文化】起雲閣の指定管理料は年間5089万円 オアシス21総会

 

NPO法人あたみオアシス21(中島美江理事長、会員30人)は15日、起雲閣で総会を開き、本年度の予算や事業計画を決めた。
起雲閣の指定管理者となって3年目を迎えた本年度予算の事業収入の中で起雲閣の年間指定管理料は5089万円。支出では人件費に2045万円、業者委託費に1693万円を計上した。

 
役員改選では、監査に杉崎充枝さん、理事に樫村輝美さんを新たに選任し、ほかの役員は留任。

事業計画は起雲閣の指定管理業務のほか、施設内「蔵」の開館、コンサート、茶会の開催、ダイダイマーマレードの製造・販売および講習会を行う。
(熱海ネット新聞)

 

DSCN3258

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  2. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  3. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  4. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
ページ上部へ戻る