【案内】28日に逍遙忌記念祭

文人坪内逍遙の偉業をたたえ、遺徳をしのぶ「逍遙忌記念祭」が命日の28日午後1時から起雲閣音楽サロンで開かれる。市と熱海稲門会、早稲田大坪内博士記念演劇博物館の主催。式典で斉藤栄市長らが「お慕いのことば」を述べ、逍遙作詞の「としのはじめ」「開いた開いた」「熱海市歌」などを斉唱する。
記念講演は「坪内逍遙と沢田正二郎−新しい国劇をめざして」と題し、同博物館の児玉竜一副館長が行う。逍遙は1明治45年に熱海に住まいを移し、「熱海町歌」(現在の市歌)を作詞した。大正9年から水口町の住居「双柿舎(そうししゃ)」で過ごし、昭和10年に77歳で没した。双柿舎は記念祭当日、無料開放される。問い合わせは市生涯学習課文化交流室〈電0557(86)6234〉へ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  2. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
  3. 2020-4-9

    【お悔やみ】堀部正幸さん(熱海市咲見町)4月7日死去 壽屋呉服店

    堀部正幸さん(ほりべ・まさゆき)4月7日死去、79歳。熱海市咲見町。壽屋呉服店。通夜10日午後6時…
  4. 2020-4-8

    マリンスパあたみ 4月11日から5月6日まで臨時休館 緊急事態宣言で

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が首都圏を中心に「緊急事態宣言」を行ったのを受け4月8日、…
ページ上部へ戻る