【案内】28日に逍遙忌記念祭

文人坪内逍遙の偉業をたたえ、遺徳をしのぶ「逍遙忌記念祭」が命日の28日午後1時から起雲閣音楽サロンで開かれる。市と熱海稲門会、早稲田大坪内博士記念演劇博物館の主催。式典で斉藤栄市長らが「お慕いのことば」を述べ、逍遙作詞の「としのはじめ」「開いた開いた」「熱海市歌」などを斉唱する。
記念講演は「坪内逍遙と沢田正二郎−新しい国劇をめざして」と題し、同博物館の児玉竜一副館長が行う。逍遙は1明治45年に熱海に住まいを移し、「熱海町歌」(現在の市歌)を作詞した。大正9年から水口町の住居「双柿舎(そうししゃ)」で過ごし、昭和10年に77歳で没した。双柿舎は記念祭当日、無料開放される。問い合わせは市生涯学習課文化交流室〈電0557(86)6234〉へ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る