【梅】熱海梅園の開花状況(1月21日)

白梅、紅梅が先を競うように咲き始めた熱海梅園で21日、淡紅色(うすべにいろ)の可憐な梅が花をさかせ、一際目を引いている。「林州(りんしゅう)」という種で八重咲きの姿は華やか。奈良県吉野地方の固有の梅で熱海梅園には1本しかなく、ファンが多い。梅干にすると、とても柔らかくて美味しい梅干になるという。

◇梅園の開花状況(19日現在) 472本の梅の木の内、198本が開花し、全体で「0.95分咲き」。早咲きは185本で「1・62分咲き」(5分咲き12本、3分咲き3本、2分咲き24本)。中出は13本で「0・09分咲き」。遅咲きは未開花。

林州 DSC_6393ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のラッパスイセン、イノシシ被害 1万株が“ラッセル掘り”で壊滅

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに荒らされ、同公園…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る