【消防】昨年の火災20件、過去10年で最多

熱海市消防本部は、平成26年の火災発生と救急出動状況を公表した。火災件数は過去10年で最多の20件(前年比6件増)、死者はいなかった。救急出動は2994件(同269件減)。
火災の内訳は、建物11件、林野1件、車両3件、その他5件。損害額は918万8千円(同1053万7千円減)。出火原因は不明・調査中が5件、電気配線、放火・放火の疑い、その他が各4件、たき火2件、コンロ1件。
救急出動は1日平均8・2件、搬送者数は2797人(同224人減)で死亡68人、重症219人、中等症980人、軽症1489人、その他41人。年齢別では高齢者(65歳以上)が1839人で、全体の6割以上を占めた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-5

    熱海梅園の日本一遅い紅葉、ピーク迎える! 赤、橙、黄グラデーション鮮やか

    「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、今シーズンの紅葉のピークを迎えた。園内の380…
  2. 2019-12-4

    熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

    熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平…
  3. 2019-12-3

    台風被害のホテル旅館支援 熱海市、割引クーポンを発行 断水施設は2千円

    熱海市は12月2日、台風19号で断水などの被害を受けた市内のホテル旅館の誘客促進に2千円と…
  4. 2019-12-3

    幻想的な光、駐杖橋の紅葉彩る 熱海梅園でライトアップ

    「熱海梅園もみじまつり」開幕中の熱海梅園では、夜間も観光客が訪れ、静かな雰囲気の中でライト…
ページ上部へ戻る