【消防】昨年の熱海市の火災件数は20件、救急件数は2994件

熱海市の土屋千秋消防長は7日の熱海消防出初式で式辞を述べ、「昨年の熱海市での火災件数は最近10年で最多の20件(前年比6件増)あったが、犠牲者を出すこともなく被害金額も例年の4割程度で総じて平穏な1年となった。一方で救急件数が2994件(269件減)あり、これは10万人都市に相当する出動件数となっている」を総括した。主な要因は、高齢化社会の進展に伴うものだが、「40年ぶりとなる消防庁舎の完成とともに最新鋭の高機能消防指令システムが運用されたことが奏を功した」といい、「高齢者対策、個人住宅用火災警報器の設置促進を図っていきたい」と話した。

1 2 3 4 5

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  2. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
  3. 2020-8-12

    ハチミツのロウでキャンドル作り 姫の沢公園で夏休みの体験教室

    熱海市の姫の沢公園のビジターセンターで8月9日、夏の特別企画「蜜蝋(みつろう)キャンドル」…
  4. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
ページ上部へ戻る