【熱海をどり】長唄 伊勢参宮(まいり)

【解説】昭和5年、伊勢外神宮の遷宮のお祝いに、宇治山田市で博覧会があった時、四世杵屋佐吉門下によって奉祝演奏されたもので、二代目花柳寿輔がこれを振り付け、初演した。

(構成・振付・舞踊指導=花柳寿賀洲)

◇唄 あやめ、一馬、杵屋幸子、りょう

◇立方 美華、ほたる(28日) 京馬、美保(29日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERADSCN0018DSCN0013

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-5-28

    夏の観光シーズンを前に千歳川2・5キロを一斉清掃/熱海市泉の3町内会

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月27日、神奈川県湯河原町の…
  2. 2018-5-28

    【お悔やみ】大月光司さん(熱海市下多賀)5月26日死去

    大月光司さん(おおつき・こうし)5月26日死去、87歳。熱海市下多賀。通夜29日午後6時。告別式30…
  3. 2018-5-27

    頼朝公の「武運」にあやかれ 下松田青年神輿、盛大に渡御/みそぎの滝神社

    来宮神社(雨宮盛克宮司)を本宮とする熱海市緑ガ丘町の「みそぎの滝神社」で5月28日、下松…
  4. 2018-5-27

    北島鉄修さんが金メダル 富山ねんりんピックに好発進/マスターズ水泳

    熱海市のマリンスパあたみで5月27日までの3日間、「2018年度日本マスターズ水泳短水路…
ページ上部へ戻る