【熱海梅園】紅牡丹枝垂れが見頃、川面では珍鳥が春の足音を

◇第71回梅園梅まつり(26日・熱海梅園、天候雨、気温9度、入場者2397人)
ご多聞に漏れず熱海も「三寒四温」が続き、この日は3日前より11度低い気温9度。温かい日と寒い日が繰り返され、早咲き、中咲きとも「7分咲き」を超え、見頃が続いている。中手の紅牡丹枝垂れは鮮やかさを増し、この梅を背景に記念写真を撮る人が多い。
雨が断続的に降り続いた園内では川面で珍しい鳥が梅を愛でながら春の足音を確かめていた。

開花状況(2/25現在)
全体=472本中453本開花
・早咲き(272本中265本開花) 7.82分咲(散り始め)
・中咲き(104本中102本開花) 7.89分咲(最盛期)
・遅咲き(96本中86本開花) 3.22分咲(3月以降が見頃)

DSC_1059ssDSC_1060ssDSC_1061ssDSC_1290ssDSC_1282ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る