【熱海梅園】絶好調の2月に続き、3月も賑わう

◇第71回梅園梅まつり(2日・熱海梅園、天候晴れ、気温14度、入場者5114人)
ファイナルウイークを迎え、園内の梅は最盛期を迎えている。472本の梅の木の内、451本が見頃を迎え、中咲きは最盛期の8分咲き。早咲き梅は散り始めたが、遅咲き梅が5分まで開花が進み、見ごたえがある。梅まつりの日程は3月8日までだが、市内経済の活況が続いていることから延長を望む声が強まっている。

DSC_1571ssDSC_1666ssDSC_1658ss DSC_1653ss (1) DSC_1569ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-2

    熱海市田原本町「平和通り」 路線価格8・5%上昇 伸び率県内最高

    国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を発表した。静…
  2. 2020-7-2

    長野旅行いまならお得、静岡県民(熱海市民)も割引OK 宿泊最大5000円

    長野県は、新型コロナウイルス感染症の影響で低迷した県内の宿泊・観光事業者を支えるため、県が県民対象…
  3. 2020-7-1

    JR東海道線「東京-熱海間」乗務 グリーン車女性販売員、コロナ感染

    JR東海道線の東京-熱海間に乗務していた20代の女性販売員が、新型コロナウイルスに感染していたこと…
  4. 2020-7-1

    市職員に夏のボーナス 一般職平均75万2千円、総額3億8649万円

    熱海市の職員に6月30日、夏のボーナスが支給された。市の職員の期末・勤勉手当は6月と12月に支給さ…
ページ上部へ戻る