【県政】伊豆担当の副知事新設、「第二の県庁」で熱海の人口減少対策にも本腰

川勝平太知事は8日、高秀樹副知事(56)が今月中旬に財務省に帰任することを受けて、県賀茂振興局長(伊豆半島担当)の土屋優行氏(60)を副知事に起用する人事案を、13日の県議会6月定例会最終本会議に提出する考えを表明した。地域担当の副知事ポストは静岡県では前例がないが、愛知県では東三河地域に担当副知事の例があるという。
川勝知事は2日の藤曲敬宏県議の「熱海など伊豆の人口減対策」に関する質問で「伊豆は首都圏に近く世界で最も美しい半島。地方創生の流れのなかで、伊豆半島固有の課題に対して尽力していく」と話していた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る