【県政】勝俣孝明衆院議員の講話

自民党静岡県第6選挙区(熱海市など)支部長の勝俣孝明衆院議員は「藤曲たかひろを囲む会」で次のように話した。
「この4年間、藤曲さんと一緒に政治活動をしてきたが、まじめで誠実な人です。いい例がJR東日本の無人化問題です。来宮、伊豆多賀、網代の3駅が無人になるのにJR東日本は無人化とは言わない。遠隔操作だと。でも駅員がいなくなるわけですから無人化です。高齢者も多い。これから東京五輪パラリンピックで大勢の人が訪れる。その中で藤曲さんはバリアフリーにしてもらおうと汗をかき、市と国とJRが3分の1ずつ負担することでバリアフリーが実現した。見て見ぬふりをしていれば、かなわなかったことです。
県水の問題も県議がやらなければならない大きな問題です。熱海の人口は4万人を割っているのに県水は10万人を規準にしている。観光にしても5年後には東京五輪パラリンピックが開かれる。熱海に多くの外国人が訪れる。その中で自民党が足並みを揃えて準備し、熱海市から自民党県議を排出することは重要な意味を持つ。私も今日、藤曲さんと一緒に初島に行ってきました。みなさんも一丸となって藤曲さんを県政に送り出していただきたい」

DSC_1701ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る