【社会】「なおちゃん募金」、手術保証金額の1億8750万円を突破

重い心臓病を患い、米国で心臓移植手術を待っている富士市の吉岡奈緒ちゃん(6歳)を支援する「なおちゃんを救う会」は5日、募金の累計額が、前払いとして米コロンビア大病院への前払う保証金額1億8750万円を突破したと発表した。
補助人工心臓を装着したまま渡米する必要があるなおちゃんは、保証金以外にも、チャーター機での渡航費など約8000万円がかかるため、同会は募金活動を継続する。
これまで集まった募金のうち約5400万円は県内外で300回以上行った街頭募金への寄付。熱海市でもなおちゃんの母親・陽子さんと三島北高時代のソフトボールのチームメートだった佐藤久美子さんらが熱海駅前で募金活動を続けてきた。

img191ss

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る