【社会】「民泊」営業の事前受け付け開始 年間180日まで営業OK

 一般の住宅に旅行者らを泊める「民泊」の営業を希望する家主らの事前受け付けが3月15日、静岡県でも始まった。6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行により、県などの窓口(熱海市では熱海保健所)に届け出た家主ら事業者は、年間180日まで民泊の営業ができるようになる。
政府は、民泊を2020年の東京五輪・パラリンピック時に不足が予想される宿泊施設の確保策の一環と位置付けているが、熱海市内のマンション、別荘住人の多くが、防犯面や、騒音、火災予防、ゴミ処理の問題を懸念。反対の声が上がっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  2. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  3. 2018-12-14

    あすマリンスパあたみで陸前高田応援イベント「TAKATA-FESTA」

    あす12月15日、熱海市のマリンスパあたみで陸前高田応援イベント「TAKATA-FESTA(タカタフ…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る