【社会】「民泊」営業の事前受け付け開始 年間180日まで営業OK

 一般の住宅に旅行者らを泊める「民泊」の営業を希望する家主らの事前受け付けが3月15日、静岡県でも始まった。6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行により、県などの窓口(熱海市では熱海保健所)に届け出た家主ら事業者は、年間180日まで民泊の営業ができるようになる。
政府は、民泊を2020年の東京五輪・パラリンピック時に不足が予想される宿泊施設の確保策の一環と位置付けているが、熱海市内のマンション、別荘住人の多くが、防犯面や、騒音、火災予防、ゴミ処理の問題を懸念。反対の声が上がっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-21

    季節外れの高温、急ピッチで開花 ツツジが山肌を彩る/姫の沢公園

    5月3日から「花まつり」が始まる熱海市の姫の沢公園で、園内に6万株あるツツジが一部で見ご…
  2. 2018-4-20

    新しい第9分団(初島)詰め所が落成 高台に移転新設/熱海市消防本部

    熱海市初島で昨年9月から工事が進められていた熱海市消防団第9分団(宮下泉分団長、22人)の消…
  3. 2018-4-20

    熱海芸妓、花柳界・師匠の菩提寺でお焚きあげ供養/撥扇塚供養祭

    熱海市上宿町の大乗寺で4月20日、熱海芸妓が芸事の稽古や宴席で壊れたり、使えなくなったりした…
  4. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月…
ページ上部へ戻る