【社会】「民泊」営業の事前受け付け開始 年間180日まで営業OK

 一般の住宅に旅行者らを泊める「民泊」の営業を希望する家主らの事前受け付けが3月15日、静岡県でも始まった。6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行により、県などの窓口(熱海市では熱海保健所)に届け出た家主ら事業者は、年間180日まで民泊の営業ができるようになる。
政府は、民泊を2020年の東京五輪・パラリンピック時に不足が予想される宿泊施設の確保策の一環と位置付けているが、熱海市内のマンション、別荘住人の多くが、防犯面や、騒音、火災予防、ゴミ処理の問題を懸念。反対の声が上がっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  2. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  3. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  4. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
ページ上部へ戻る