【社会】三浦市の女性遺棄事件、事件の数時間前に2人で熱海方面へドライブ

神奈川県三浦市で女性の遺体を遺棄したとしてアメリカ人の男が逮捕された事件で、逮捕されたグレゴリー・グモ容疑者(41)が遺体を捨てたとみられる数時間前に、女性とドライブで熱海市方面に向かっていたことが分かった。7日の日本テレ・NEWS24が報じた。

同容疑者は先月28日、三浦市の小網代湾に秋田谷まり子さん(42)の遺体を遺棄した疑いが持たれている。その後の捜査関係者への取材で、グモ容疑者が秋田谷さんの遺体を捨てたとみられる時間の数時間前に、2人が車で静岡県熱海市方面へドライブする姿が防犯カメラに映っていたことが新たにわかった。しかし、その後、三浦市周辺の防犯カメラにはグモ容疑者が1人だけで映っていたという。
警察は、グモ容疑者が秋田谷さんを睡眠薬などで抵抗できない状態にして、現場に連れてきた可能性があるとみて調べている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    客席500席 図書館とのセットは断念 熱海市が市民ホールの計画案示す 

    熱海市は2月28日、市役所で市民ホール「(仮称)熱海フォーラム」整備事業の説明会を開き、計…
  2. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  3. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  4. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
ページ上部へ戻る